Our Wedding ~私たちの結婚パーティー

日程と会場
日程:2019年8月10日(午後3時から開始予定)
会場:Hellens Manor (へレンズ・マナー)

日本から来られる方
はるばる私たちの結婚パーティーにご参加いただき、誠にありがとうございます!!
この結婚ページにてお役に立ちそうな情報を皆さまにご提供します。
※このページは随時更新予定です。

このページの内容:
1. 日程と会場
2. 会場へのアクセス
3. Q&A
4. 周辺観光地
5. 周辺お土産ガイド

1. 日程と会場
日程:2019年8月10日(午後3時ごろから開始予定)
会場:Hellens Manor (へレンズ・マナー)

住所:
Hellens,
Much Marcle,
Ledbury,
Herefordshire
HR8 2LY (イギリス)

会場HP(英語のみ):
http://www.hellensmanor.com/visiting-hellens.html
TEL: 0044 1531 660 504

2. 会場へのアクセス
会場は田舎に位置するためレンタカーでの来場を強くオススメします。
1. マイカーパターン:ヒースロー空港→M4→A40→A36→B4215→Much Marcle 村& Hellens Manor(180km、約3時間程度)
2.交通機関パターン:ヒースロー空港→Heathrow Underground 地下鉄(散歩、地下鉄乗車)→Paddington Station (鉄道に乗り換える)→Ledbury Station まで直行電車が出ています。Ledbury StationからHellensまでは5kmあり。お向かいに行くことでも可能なのでご希望される方は事前にご連絡をください。タクシーでも可。(トータルで約6時間)
G&T Taxis – 0044 01531 636 644
Ledbury Taxi Service – 01531 633 596

IMG_4305

空港:
・ロンドン:ヒースロー空港(London Heathrow, LHR) ロンドン中央から24km西側(行きたい方向)に位置するイギリス最大空港。交通の便がいいため、オススメです。
・ロンドン:スタンステッド(London Stanstead、STN)
・ロンドン:ガトウィック(London Gatwick, LGW)
・最寄りの空港:バーミンガム(Birmingham, BHX)です(約100km)ただ、直行便が無く、東京→ロンドンよりお高めですのでお勧めはしません。

電車の切符:
値段が急に上がるため、電車をご利用される方は早めに切符を予約することをオススメします。(到着駅:Ledbury)こちらからできます:
http://www.nationalrail.co.uk/
https://www.thetrainline.com/

3. Q&A
ヘレフォードシャーはイングランドとウエールズの境に位置しているの州です。ウエルシュ・マーチェズと呼ばれる地域であり、ウエールズとの闘いの歴史を示すお城の遺跡が数多く残っています。自然の美しい農業産地であり、中世期から残されている独特な “black and white”建築が観光ポイントです。移動しやすいマイカーをオススメします。

3
レッドバリー町

YOUは何でこんな田舎で結婚式を?不便だYO!
両親の仕事の都合で、新婦ティリーは6歳から23歳まで会場のヘレンズマナーに住んでいたからです。ティリーと優が付き合ってから最初の旅行先がへレンズで二人にとって意義のある場所です。不便で申し訳ありません!

4
ヘレフォードシャー大聖堂

結婚パーティー会場ってどんなところ?
へレンズ・マナーはジャコビアン時代(1603-1625)に建てらたレンガ造りの大邸宅です。家のほとんどはジャコビアン時代に建てられていますが、1000年前からヘレンズが位置する場所に教会があったという記録があり、地域の裁判所としても利用されていたと記されています。名称の「マナー」が「大邸宅」又は「区役所」に当たります。現在は観光客に一般公開されてるとともに、文芸際やコンサート等の各種イベントで利用されているヘレフォードシャー州の重要な歴史的建造物です。
写真集:http://www.hellensmanor.com/gallery.html

1
ヘレンズ・マナー

どんな洋服持って行けばいい?
普段着:田舎なので運動しやすい服装がいいです。へレンズから徒歩圏内には森があり、車で行ける範囲だとウエールズの「Black Mountains」連山とコッツウォルズがあります。歩きやすい恰好や汚れても大丈夫な靴を1足持って来てもらったほうが田舎を楽しめると思います。夏でも雨がたまに降りますので傘・雨具等もあるといいかもしれません。

結婚式用:日本の結婚式に比べるとイギルスの結婚式がとてもカジュアルです。優しくて鮮やかな色が多いですが、女性にズボン、男性をネクタイ無しでも可笑しくありません。夜は寒くなる可能性があるため、ジャケットかカーディガンなどを持ってきた方がいいと思います。イギリス人は外見をあんまり気にしないので自分がいいと思っている服装で結構です。心配しないでください~♪

イギリスの結婚式のマナーが知らないが、、
気にすべきなマナーは特にありません。イギリスの式は日本ほど堅苦しくありません。パーティーが15:00からスタートだと言っても、イギリス人の参加者の中には遅れてくる人もいます。そのため、開始時間はそこまで気にせず、安全運転で来てください。ディナーの時間に間に合えばOKです。
また、イギリスの結婚式ではスタッフによる司会や各種余興などはありません。自由なパーティーみたいな感じです。日本に比べると、逆にどうすればいいのと思っている方がいるかもしれませんが、イギリス人は話すことが好きなので気軽に会場の人との交流を楽しんでください。

8月のイギリスの天気は?
温度は14度~25度です(平均18度)。8月の間、約13日は雨が降ります。

どこに泊まればいいの?
会場から徒歩圏内にはホテルがありません。日本からのゲストの皆さんには最寄りの町レッドベリー(Ledbury)で滞在してもらおうと考えています。現在、宿泊先は検討中です。結婚式に参加しようと考えている方はティリーor優にご連絡ください。

4. 周辺観光

  • コッツウォルズ
  • ヘレフォード大聖堂
  • グロスター大聖堂(ハリーポッターのロケ)
  • モルヴァーン連山
  • バース(世界遺産)
  • レッドべリー (中世期の家がたくさんある)
  • ストラットフォード・アポン・エーボン(シェイクスピアの誕生地)

下からグーグルマップをご確認ください。

5. 周辺お土産ガイド

  • 牛肉のHerefordshire Beef
  • 会場が位置する村にあるりんご酒工房のWeston’s Ciderというシードル
  • ヘレフォードシャイア産いちご食品
  • セット蜂蜜